シャイニージェル 純国産

シャイニージェル 純国産

ジェルネイルのジェルはある程度の期間、爪に密着するもの。地爪を傷めないためにも質の良いジェルを使いたいものです。

その点でシャイニージェルのジェルは純国産。安心感があります。

海外のジェルでも質の良いものはありますが、中には日本では規制されているような薬剤が加わっているジェルが販売されていることも。中国の質の悪いジェルにはアスベストで有名となったホルムアルデヒトが使用されていることも。それに質の悪いジェルを使用すると、ランプ硬化時に火傷してしまったり、地爪を傷めてしまったりといったトラブルにつながりかねません。

特にネットでネイル用品が気軽に購入できてしまう今では、激安の中国産等の海外のジェルを購入する際には注意するようにしましょう。

シャイニージェルの純国産ジェルは弱酸性で爪に優しい

純国産のジェルであっても、爪を傷めたくない人は、なるべくph値を気にしてのジェルの購入をおすすめします。ph値(ペーハー値)とは酸性がどのくらい強いのか、という指標。

実は国内のジェルネイルメーカーでもこの値はさまざま。たとえば爪を削らないノンサンディングジェルなどはph値が高めの強酸性のものが多いですね。

これは爪を削らない代わりに強い酸で少しだけ爪表面を溶かしてジェルを密着させるような処方になっているためです。

ただ、密着感を良くするためだけに強酸性の処方にしているようなジェルネイルメーカーも残念ながらありますので気をつけましょう。

ちなみにシャイニージェルは純国産なうえ、ph値の低い安心の弱酸性となっていて爪に優しい処方です。

ジェルネイルビギナーや爪の痛みが気になる人でも安心して使うことができますので、おすすめしたいジェルですね。シャイニージェルのジェルは単品でも売っています。信頼のできる純国産のクリアジェル、カラージェルは品質も高いのでお勧めできます。

シャイニージェル LED 対応

シャイニージェルも他のメーカーと同様に以前はUVランプでジェルの硬化をしていましたが、今現在ではLEDランプが主流です。

ただ2012年11月以降のシャイニージェルはUVとLEDランプで硬化する両用となっているので、UVランプでも硬化することは可能です。

とはいえ、硬化時間の短さなどを考えると主流のLEDランプを使用したいですね。シャイニージェルからもとても使いやすいLEDランプが登場しています。

シャイニージェルが硬化するランプの波長は375~410nm(ナノメートル)。他社メーカーのランプでもこの波長に対応しているランプでジェルを硬化することができます。

ただし他社製のランプの場合は若干仕様の違いもありますので、本来は出るはずのジェルのツヤが出なかったり、硬化不足やジェルを乗せた爪表面の曇り、さらにはジェルのモチが悪くなったりしてしまいかねません。

なるべくシャイニージェルから登場しているような質の良いLEDランプを使用するようにしましょう。シャイニージェルのLEDライトも純国産にこだわっていて作りがしっかりしています。

シャイニージェル LED 硬化

シャイニージェルは他のメーカーのLEDランプでも硬化させることは可能です。ただし、シャイニージェルが硬化する波長のランプの出力が必要。お手持ちのLEDランプでシャイニージェルを硬化させたい場合は、失敗や爪トラブルを防ぐためにも、必ずこの波長の確認をするようにしてください。

逆に他メーカーのジェルをシャイニージェルのLEDランプで硬化させたい時も同じように波長の確認をするようにするとジェル硬化の失敗は少ないでしょう。

ただ、やはりジェルとランプは同じジェルメーカーから登場しているものを同一使用するのがおすすめ。

特にセルフネイル初心者や爪トラブルの多い人などは注意が必要です。

シャイニージェルはほぼすべての商品が純国産のオリジナル。ジェルネイルキットを初めて買う人に、高品質でお手頃価格なのでオススメできることはもちろん、すでに他メーカーのジェルネイルキットを持っている人にも単品買いでジェルを購入もお勧めできます。ブロガーさんやインスタなどでも他メーカーのジェルネイルキットを買ったけど、クリアジェルはシャイニージェルを選んでいる人も多いですよ。

シャイニージェルのわけありランプはこちら♪

トップへ戻る